サイトマップ RSS

山口小夜子という衣裳の読み方 東京都現代美術館「未来を着る人」展に寄せて 松岡正剛 (1/4ページ)

2015.4.21 16:20

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)【拡大】

  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 【BOOKWARE】

 ジャン・ギャバンがフランスパンをちぎった仕草、泉鏡花が芸者の姿態を描写した文章、マレーネ・ディートリッヒが男ぶる一瞬、辻村ジュサブローの人形が振り返ったときの衣裳の意外な曲線、ギイ・ブルダンが綺麗な服を変にして撮るとき、ペーター佐藤が描き加えたペンシルタッチ…。なにもかもを見逃したくなかったのである。

 東京都現代美術館で「山口小夜子 未来を着る人」が展観されている。2007年の真夏に亡くなって、どこか「月の駅」あたりに還っていましたはずなのに、さっきまで不思議なカサネ衣裳を纏(まと)って、美術館の階段を降りてきて展示に混じっているようだった。

 小夜子(さよこ)は自分でウェアリストだと言っていた。世界を代表するファッションモデルだったからそんなことを言っているのではない。幼い頃からウェアリストだった。ぼくが「何でも着られるの?」と訊いたら、「うん、何でもね。クジラだって熱帯雨林だって国会だって着られるよ」と言った。じゃあ高野山を着てきてよと言って根津美術館でデートしたものだ。

魔法の杖でいくらでも変貌できるセラフィータだった

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ