サイトマップ RSS

【Q&A】官邸ドローン事件 範囲制限・免許制など議論加速 (1/4ページ)

2015.4.27 09:20

操縦が簡単で、姿勢も安定しているため、火山の調査などさまざまな用途に利用が広がる小型無人機「ドローン」=2015年3月4日、大阪市(共同)

操縦が簡単で、姿勢も安定しているため、火山の調査などさまざまな用途に利用が広がる小型無人機「ドローン」=2015年3月4日、大阪市(共同)【拡大】

 首相官邸屋上で小型無人機「ドローン」が見つかる事件が起き、容疑者が逮捕されました。政府はドローンの法規制の検討を本格化させています。

 Q ドローンとは

 A 無線や衛星利用測位システム(GPS)を使い、遠隔操作で飛ばす無人飛行機で、もとは軍事用に開発されました。空撮用カメラを搭載し、複数のプロペラで飛行する「マルチコプター」を中心に、趣味や商業目的での利用が急速に広まっています。家電量販店などで数千~10万円ほどで買えます。

 Q 従来のラジオコントロール機との違いは

 A 姿勢や高度、速度をコンピューターで制御しており、従来のラジコンヘリなどより操縦が簡単な上、姿勢が安定するため空撮に最適です。あらかじめ経路を設定して目的地まで自動で飛ばせるものや、1キロ以上離れた場所から操縦できるものもあります。

 Q 具体的な用途は

 A 人が立ち入りにくい場所を飛ばせるため、東京電力福島第1原発周辺での放射線測定に使われ、火山の調査やマラソン大会の警備などにも導入されました。

瀬戸内海の離島に食料や医薬品を届ける計画が浮上

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ