サイトマップ RSS

【取材最前線】超異例の代表選考公開 (1/2ページ)

2015.4.27 17:10

 柔道の全日本選抜体重別選手権の初日の4月4日は慌ただしい一日となった。朝の試合開始前、全日本柔道連盟(全柔連)の広報担当者から「山下さんが(東京運動記者クラブの柔道分科会の)幹事と話したいことがあるそうです」と連絡が入った。山下さんとはロサンゼルス五輪金メダリストの山下泰裕(やすひろ)氏。現在は全柔連の副会長で、今春から強化委員長を兼務する。今年度の幹事を務める記者がプレスルームで待っていると、訪れた山下氏が「あす(4月5日)の強化委員会を報道陣に公開したい」と切り出した。

 強化委員会のテーマは8月の世界選手権の代表選考。つまり、オープンな場で代表選考を行うということだ。他競技を含め、強化委員会の公開は極めて異例。一瞬、耳を疑った。一方で、直前に女子マラソンや卓球の世界選手権代表選考をめぐり、不満の声も出ていた。山下氏は言った。「委員の中にも公開に慎重な意見がある。だけど、選考に透明性を持たせたい」。柔道界として、大きな一歩を踏み出そうという強い意思を感じた。

「本音の議論ができなくなってしまったら、どうしようと心配していた」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ