サイトマップ RSS

【卓球】松平・丹羽組銅、中国ペアに力負け (1/2ページ)

2015.5.3 09:30

男子ダブルス準決勝で中国組と対戦する松平健太(右)、丹羽孝希(にわ・こうき)組=2015年5月2日、中国・江蘇省蘇州市(共同)

男子ダブルス準決勝で中国組と対戦する松平健太(右)、丹羽孝希(にわ・こうき)組=2015年5月2日、中国・江蘇省蘇州市(共同)【拡大】

 卓球の世界選手権個人戦第7日は2日、中国の蘇州で行われ、男子シングルスの準々決勝で世界ランキング5位の水谷隼(ビーコン・ラボ)は3連覇を狙うロンドン五輪金メダリストの張継科(ちょう・けいか、中国)に1-4で敗れ、メダルに届かなかった。ベスト4は前回大会に続き中国勢が独占した。男子ダブルスは準決勝で松平健太(JTB)丹羽孝希(にわ・こうき、明大)組が樊振東(はん・しんとう)、周雨組(しゅう・う、中国)にストレートで敗れ、3位が確定した。日本勢の同種目のメダルは前回2013年パリ大会で銅の岸川聖也、水谷組に続いて2大会連続。

 第6日の混合ダブルス決勝は、吉村真晴(まはる、愛知工大)石川佳純(かすみ、全農)組が許●(=日へんに斤、きょ・きん、中国)梁夏銀(ヤン・ハウン、韓国)の国際ペアにストレート負けし、同種目の日本勢で46年ぶりの優勝はならなかったが、銀メダルは38年ぶりの快挙だった。

意気消沈「通用した部分はなかった」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ