サイトマップ RSS

独創的で革新的 「辺境」のジャズメンたち ティグラン・ハマシアン、シャイ・マエストロ・トリオ (1/3ページ)

2015.5.6 14:30

アルメニア生まれのピアニスト、ティグラン・ハマシアン=2014年11月3日(提供写真)

アルメニア生まれのピアニスト、ティグラン・ハマシアン=2014年11月3日(提供写真)【拡大】

  • アルバム「モックルート」(ティグラン・ハマシアン、2400円+税)。発売中(提供写真)
  • 音楽&旅ライター、栗本斉(ひとし)さん(提供写真)
  • イスラエル生まれのピアニストを中心に結成されたトリオ、シャイ・マエストロ・トリオ(提供写真)
  • アルバム「アントールド・ストーリーズ」(シャイ・マエストロ・トリオ、2300円+税)。発売中(提供写真)

 本紙の沖野修也さんによる連載でもお分かりだと思うが、今ジャズがどんどんアップデートされている。それも、米国やヨーロッパだけでなく、アジアやアフリカ、中南米諸国など、これまではいわゆる「辺境」なんていう言葉のもと色眼鏡で見られていたエリアから、才能にあふれたミュージシャンが続々と登場しているのだ。むしろ、そういった国々から現れるジャズメンの方が、独創的で革新的。ジャズという音楽の固定観念を取り除き、多面的に解釈する面白さに満ちている。

 楽曲にさまざまな仕掛け

 なかでも、アルメニア生まれのティグラン・ハマシアンはその筆頭格といってもいいだろう。20代という若さでありながら、すでに確固たる地位を築いているピアニストである。彼の音楽は、ジャズという狭いジャンルで語られる音楽ではないのかもしれない。通算5作目となる「モックルート」は、基本はピアノトリオというオーソドックスなスタイルでありながら、楽曲ごとにさまざまな仕掛けが施されていて一瞬たりとも聴き逃せないという印象だ。複雑な変拍子を取り入れる様子はプログレッシブロックのようだし、アルメニア民謡のメロディーにエレクトロニカの要素を加えるような大胆な実験を行ってもいる。おまけにスキャットも披露するので、単にピアニストというだけでは評価できないだろう。そこはかとなく漂う祖国への愛もティグランらしさといえる。

イスラエル 今やジャズ先進国

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ