サイトマップ RSS

【花緑の「世界はまるで落語」】(37) 亡き祖父と根多帳で再会 (1/4ページ)

2015.5.7 14:30

根多帳に祖父・五代目柳家小さんが書いた達筆な字。まさか厚木市文化会館で再会するとは(柳家花緑さん撮影)

根多帳に祖父・五代目柳家小さんが書いた達筆な字。まさか厚木市文化会館で再会するとは(柳家花緑さん撮影)【拡大】

  • 【花緑の「世界はまるで落語」】落語家、柳家花緑(やなぎや・かろく)とその一門。(前列左から)花ん謝(かんしゃ)、鬼〆(おにしめ)、花緑、初花(しょっぱな)、柳貴家雪之介(やなぎやゆきのすけ)、(後列左から)圭花(けいか)、緑太(ろくた)、フラワー、緑君(ろっくん)、花いち(はないち)、まめ緑(まめろく)、花どん(はなどん、提供写真)
  • 【花緑の「世界はまるで落語」】落語家、柳家花緑(やなぎや・かろく)とその一門。(前列左から)花ん謝(かんしゃ、3人目の弟子)、鬼〆(おにしめ、2人目の弟子)、花緑(師匠)、初花(しょっぱな、最初の弟子)、柳貴家雪之介(やなぎやゆきのすけ、弟子ではなく一門に入門)、(後列左から)圭花(けいか、10人目の弟子)、緑太(ろくた、7人目の弟子)、フラワー(8人目の弟子)、緑君(ろっくん、4人目の弟子)、花いち(はないち、5人目の弟子)、まめ緑(まめろく、6人目の弟子(女性))、花どん(はなどん、9人目の弟子(花緑さんの弟子はこの時点で9人)=2012年7月7日現在
  • 【花緑の「世界はまるで落語」】落語家、柳家花緑(やなぎや・かろく)さん(ミー&ハー_コーポレーション提供)
  • 【本の話をしよう】「落語が教えてくれること」(柳家花緑著/講談社、1000円、提供写真)

 先日、といっても2月の話。あれはバレンタインデーの日でした。落語協会会長の柳亭市馬師匠、只今人気急上昇中の桃月庵白酒さん、そして私、柳家花緑の三人会が神奈川県厚木市文化会館にて行われました。

 その文化会館での落語会は、以前よく伺った記憶があります。実はここだけの話、落語家は行った場所を忘れることが多い。全国色々な場所へ電車や飛行機で出向き駅からタクシーに乗って会場へ、落語をしゃべって帰宅。あるいは地方ならホテルに泊まり、次の日帰宅。(打ち上げのある場合もありますが)その繰り返しなんです。

 全国に似たようなホールはたくさんあり、よほど特長がないと記憶にとどまらないというのが本音です。でも厚木市文化会館は覚えていました。以前何度かお邪魔しているので、記憶の糸がしっかりつながっていました。

 ああ~久しぶりだなぁという思いで楽屋入り。小ホールは座席数が376席でその日は完売です。ありがたいです。ケータリングには飲み物やお菓子がお弁当の他にたくさん置かれておりました。パッと目についたのがコンビニでも売っている手軽に食べられるチョコレート菓子。僕はすぐにそれに手が伸びました。すると白酒くんが「ああ~やっぱりそれですよねぇ…」という言い方がいかにも共感を含む言い方で面白かった。

私も出ていた、書いた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ