サイトマップ RSS

【佐藤優の地球を斬る】戦略なき米の対露外交 腰砕けの強硬策 (1/3ページ)

2015.5.18 15:30

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領(左から2人目)との会談に臨む米国のジョン・ケリー国務長官(右から2人目)=2015年5月12日、ロシア・ソチ(AP)

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領(左から2人目)との会談に臨む米国のジョン・ケリー国務長官(右から2人目)=2015年5月12日、ロシア・ソチ(AP)【拡大】

  • 作家、元外務省主任分析官の佐藤優(まさる)さん=2014年3月20日、東京都新宿区(大里直也撮影)

 米国のオバマ政権は、ロシアに対する外交戦略を持っているのだろうか。12日、米国のケリー国務長官がロシア南部ソチを訪れ、プーチン大統領、ラブロフ外相と会談した。会談終了後、行われたラブロフ氏との共同記者会見の席上、ケリー氏は、ウクライナ紛争をめぐり2月に成立した和平合意が完全に履行されれば、米国と欧州連合(EU)はロシアに科した制裁を緩和するとの方針を明らかにした。この出来事は、米国がウクライナをめぐる対露政策を抜本的に変更することだ。産経新聞が事柄の本質を正確に洞察している。

 中東問題で協力不可欠

 <【ワシントン=加納宏幸】ケリー米国務長官がロシアのプーチン大統領、ラブロフ外相との会談でウクライナ問題をめぐる対露制裁解除の検討に言及した背景には、イラン核協議やシリア内戦など中東をめぐる問題でロシアの影響力発揮が不可欠だという判断があるとみられる。

 ケリー氏はラブロフ氏との共同記者会見の冒頭、ウクライナ問題に言及する前にイラン、シリアの問題に触れた。イラン核協議の最終合意期限が6月末に迫っていることを挙げ、「交渉は残り6週間となった。取引をまとめ、完全に履行させるためには団結がカギとなる」と、米露協力の重要性を説いた>(5月13日「産経ニュース」)

<独仏> 対ISIL、対ロシアの二正面作戦を避ける

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ