サイトマップ RSS

【iPhoneでアートする】(1) 気軽に、さりげなく、いい写真 (1/3ページ)

2015.5.20 16:30

毎日、アートになりうるかもしれない光景を探すのは困難を極める。当然、出来の悪い作品だらけとなるのだが、この日も「今日は何もないと」と焦っていた。ビールを飲んで気を紛らわしているうちに、ふとコップを食卓の電灯に照らしてみた。光源を少しづつずらしていくと、陰影のついた面白い光景が浮かび上がった=2014年3月18日、iPhone4sで(野口隆史さん撮影)

毎日、アートになりうるかもしれない光景を探すのは困難を極める。当然、出来の悪い作品だらけとなるのだが、この日も「今日は何もないと」と焦っていた。ビールを飲んで気を紛らわしているうちに、ふとコップを食卓の電灯に照らしてみた。光源を少しづつずらしていくと、陰影のついた面白い光景が浮かび上がった=2014年3月18日、iPhone4sで(野口隆史さん撮影)【拡大】

  • 暖冬の札幌といえ、この日は氷点下10度まで下がった。室内温度と外気温度の違いで結露という現象が窓に起こるのだが、寒いために二重窓の外側は凍てついていた。結露した氷が室温で少し溶けかかり、それを通して撮影すると不思議なフィルタをかけたようだ。まるで油絵のような質感ある写真となった=2015年1月2日、iPhone5sで(野口隆史さん撮影)
  • 朝、雪が舞った。ちょっと遊び心が湧いて、新雪の上にポインセチアの赤い葉を置くことで何か表現できるかもしれないと思った。赤い葉をどこに構図的に配置するのがベストなのかとさまざまなカットを撮影して、この写真に落ち着いた=2014年3月16日、iPhone4sで(野口隆史さん撮影)
  • iPhoneアートを手がけるきっかけとなった最初のワンカット。この写真から一日も欠かさずFBでiPhoenで撮影した写真をアップすることになった。夜、珈琲を飲もうとして何気なく紙フィルターでドリップ。何気なくその泡ぶくを撮影してみるとピントが来ない代わりに幻想的な光が輝いた=2014年2月23日、iPhoen4sで(野口隆史さん撮影)
  • 720ミリリットルの濁り酒を飲み終えて、居間の吊り下げ電球にかざしてみると、酒の濃厚な液体が幾重ものスジとなって緑色の瓶に浮かび上がった=2014年10月13日、iPhone5sで(野口隆史さん撮影)
  • 車のフロントガラスに降った雪が氷の粒のように張り付いていた。薄曇りの空。ズーミングで思い切ってマクロ写真のように撮影するとどうなるのか試してみたら、マグリットの絵のような写真となった=2014年11月18日、iPhone5sで(野口隆史さん撮影)
  • 写真編集でモノクロ表現に変更した。薄暮の中、赤い光に包まれた、教会の十字架が浮かび上がっていた。カラーでも十分に奇麗だったがあえてモノクロに仕上げる方がより絵画的な雰囲気が出ると思ったのだ=2014年11月19日、iPhone5sで(野口隆史さん撮影)

 スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を使い始めて実はそれほど年数は長くない。今年でまだ3年目だ。

 私自身、プロカメラマンとして札幌市を拠点に撮影の仕事をしているのだが、仕事以外で写真を撮ることは滅多になかった。ところがiPhoneを手にするようになってから、日々の出来事をフェイスブック(FB・インターネット交流サイト)にアップするために一日に何回も写真を撮るようになった。何を料理したとか、今どこで何をしているとか、幼い娘の表情がどうだとか…。たわいもない日々の身辺雑記でしかないのだが、ついついシャッターを押してしまうのだ。

 一番の理由は、やはり気軽にさりげなくちょっといい写真が撮れるからだろう。一眼レフで撮影しようとしたらこうはいかない。私自身、iPhoneで写真観が変わってしまった一人なのかもしれない。

 撮影しているうちに「iPhoneで面白いことができないかな?」と考えるようになった。私は普段、どちらかといえばスポーツやコンサートなどニュース系をメーンに撮影している。

 だからだろうか、普段とは違う、自分の不得意な分野、つまり自分の未開拓分野の写真を撮ってみたいと思うようになったのだ。それはアートだった。

身近な世界を表現するツール

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ