サイトマップ RSS

疾駆するモーターボートに「読み」を託して 水しぶきに沸く江戸川競艇場で遊ぶ 松岡正剛 (1/3ページ)

2015.5.20 19:00

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)【拡大】

  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 【BOOKWARE】

 ぼくがエディターのプロになるために、若い頃から配慮してきたことがある。それはありとあらゆる「情報表示」の仕方にできるかぎり目を配ることだった。5W1Hを書くニュース記事をこなせるだけではモノ足りない。たとえば次のような分野や領域の独得の「編集力」に注目しておくのだ。

 医者の処方箋の書き方、映画や演劇のプロット表示、プログラミングの記述法、昆虫採集用語、株の相場用語の使い方、メカトロ機能の説明法、薬剤の効能表示、戦争戦闘についての軍事的記録法、麻雀用語、野球やバレーボールなどのスコアブックの付け方、数理論理学の記号表現、食品表示、競馬新聞や競輪新聞の省略記述の仕方、短歌や俳句や邦楽の常套表現、レシピの表現、バレエやダンスの記譜法…。

 とくに競馬新聞が馬体・馬主・騎手・馬場状態・過去記録などを、みごとな省略語でまとめている「編集力」には、つくづく敬服してきた。「予想」というものがどれほど情報を集約しなければ成立しえないのか、それでもなお「欲望」はその情報集約の果てに散っていくものなのか。たった十数センチ角の新聞の短評がもたらすドラマには、汲めども尽きない「編集力」が秘められている。では競艇はどうなのか、一度は見てみたかった(競輪は見てきた)。

「にげ」「サシ」「ヌキ」「まくり」「ツケマイ」「まくりサシ」「めぐまれ」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ