サイトマップ RSS

政権奪還へ 禁じ手「共和党」 仏サルコジ党首 物議の改名 (1/3ページ)

2015.6.1 00:02

自らが党首を務める国民運動連合(UMP)の党大会で、新党名「共和党」のロゴを背に演説するフランスのニコラ・サルコジ前大統領。「政権奪還を実現させる」と豪語した=2015年5月30日、フランス・首都パリ(ロイター)

自らが党首を務める国民運動連合(UMP)の党大会で、新党名「共和党」のロゴを背に演説するフランスのニコラ・サルコジ前大統領。「政権奪還を実現させる」と豪語した=2015年5月30日、フランス・首都パリ(ロイター)【拡大】

 フランスのニコラ・サルコジ前大統領(60)が党首を務める保守系野党、国民運動連合(UMP)は5月30日、パリで党大会を開き、党名を「共和党(レ・レプブリカン)」に変更した。2年後に迫った次期大統領選への出馬を目指すサルコジ氏は、悪化した党のイメージ刷新を図り、党内外の支持拡大につなげたい考えとみられる。しかし、革命で王政を廃止し、現在の第五共和政に至っているフランスでは、共和国を意味するレプブリカンとは国家の象徴的表現。全国民共有の聖なる言葉を政党が私物化するのは“禁じ手”との批判が上がっている。なりふりかまわず政権奪還に懸けるサルコジ氏を待ち受けるのは、いばらの道だ。

 支持者40%「反対」

 党名変更はサルコジ氏が提案し、UMPは約21万人の党員を対象にその是非を問う電子投票を5月28、29日に実施した。投票率は45%で、83%が賛成票を投じたという。

「共和党を名乗るのは無礼、傲慢、かつ無責任だ」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ