サイトマップ RSS

政権奪還へ 禁じ手「共和党」 仏サルコジ党首 物議の改名 (2/3ページ)

2015.6.1 00:02

自らが党首を務める国民運動連合(UMP)の党大会で、新党名「共和党」のロゴを背に演説するフランスのニコラ・サルコジ前大統領。「政権奪還を実現させる」と豪語した=2015年5月30日、フランス・首都パリ(ロイター)

自らが党首を務める国民運動連合(UMP)の党大会で、新党名「共和党」のロゴを背に演説するフランスのニコラ・サルコジ前大統領。「政権奪還を実現させる」と豪語した=2015年5月30日、フランス・首都パリ(ロイター)【拡大】

 フランスでは国家を指す場合、単に「共和国」と呼ぶことが多い。このため、与党・社会党を中心とする左派陣営は、フランス人全ての共有価値であり、その価値を示す「共和国」の名を一政党が名乗るのは許されないとして先月、党名変更を認めないよう裁判所に仮処分を求めていた。これに対して司法当局は5月26日、仮処分申請を却下した。ただ、世論調査では全国民の約70%、UMP支持者でさえ約40%が共和党への党名変更に「反対」といった結果も出ており、中立系有力紙ルモンドは社説で「共和党を名乗るのは無礼、傲慢、かつ無責任だ」と批判していた。

 サルコジ氏は30日の党大会での演説で「(新党名は)共和国の衰退を止めたいと願う全ての人のためのスローガンだ」と力説。さらに「異議を唱える左派は、共和国のために一体何をやったというのか。国家を衰退させ続けているだけだ」と強調した。

イメージ刷新図る

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ