サイトマップ RSS

日本の「色」をとことん再現した匠 吉岡幸雄の途方もない高速挑戦 松岡正剛 (2/5ページ)

2015.6.1 19:20

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)【拡大】

  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 吉岡家は200年ほど前から染屋だった。四条西洞院を上がったところに発祥したそうだ。維新後に綾小路西洞院へ、昭和30(1955)年すぎて伏見に染場を移した。ぼくが生まれたのは綾小路室町である。なんだかけっこう近いところで宵山や大文字を楽しんできたのだということが、二人で四方山あとで話をしているうちに判明した。ただぼくは早稲田のあとも東京に残ったけれど、吉岡さんのその後は京都を大きな拠点にし、その見聞を深くも広くもしていった。色や装束だけでなく、数寄屋にも食にも通暁していることは、『京都の意匠』I・II(建築資料研究社)や『京都人の舌つづみ』(PHP新書)を読んでも伝わってくる。とくに食道楽については群を抜いていて、とても追いつけない。

 でも、吉岡さんはやっぱり色である。「染司よしおか」の秘技によって巷間に知られるようになった日本の数々の色たちは譬えようもなくすばらしく、これこそは日本の文化力の結晶の見本というべきなのだ。まずは『日本の色辞典』の209色の単色を堪能してほしい。しかし、ぼくをさらに驚かせたのは、『王朝のかさね色辞典』にも収録された「襲」(かさね)の絶妙だった。240種の配色が黒谷和紙と生絹(すずし)にみごとに再現されている。(編集工学研究所所長・イシス編集学校校長 松岡正剛/SANKEI EXPRESS

日本の伝統色 一冊の色標本に

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ