サイトマップ RSS

【iPhoneでアートする】(2) 雨粒と気泡に景色閉じ込める (1/3ページ)

2015.6.24 19:00

初夏の札幌・大通公園が気泡に映える。雨粒代わりに、気泡入りのアクリル板を使ってみた=2015年6月6日、北海道札幌市中央区(野口隆史さん撮影、iPhone5s使用)

初夏の札幌・大通公園が気泡に映える。雨粒代わりに、気泡入りのアクリル板を使ってみた=2015年6月6日、北海道札幌市中央区(野口隆史さん撮影、iPhone5s使用)【拡大】

  • 雨の夕刻。フロントガラスの雨粒に、街の灯りが透過する=2015年5月21日(野口隆史さん撮影、iPhone5s使用)
  • 初めて水滴の面白さに気がついたのは、結露した窓ガラスだった。昇り始めた朝日がひとしずくごとに透過されて、まるでアラベスクのようにも見える=2014年10月22日(野口隆史さん撮影、iPhone5s使用)
  • 深秋の雪。フロントガラスに降り積もった雪は、車内の暖房ですぐに解けて不均衡な雨粒状になった。何げなく撮影してみたら、自宅の集合住宅が面白い文様のように透過されていた=2014年11月14日(野口隆史さん撮影、iPhone5s使用)
  • 手元にあった、気泡入りのガラス文鎮をフィルターのように使ってみた。札幌・藻岩原生林が水中に沈んだようにも見える=2015年4月30日、北海道札幌市(野口隆史さん撮影、iPhone5s使用)
  • 【グリッド】撮影する時にモニター画面上に表示される、ヨコ2本、タテ2本の格子状の線のことです(提供写真)
  • グリッド表示方法画面(提供写真)

 いよいよ梅雨本番。いくら気軽なiPhoneだからといっても、じめじめして時には強く降る雨の中での撮影は気分が乗りにくい。私が住んでいる北海道には幸いなことに本州のような梅雨はないが、当然ながら雨は降る。そんな時には「残念な雨」ではなく「恵みの雨」と気持ちと視点を入れ替えてちょっと変わった作品を手がけることにしている。

 名付けて「雨粒アート」。

 といっても大げさな仕掛けがあるわけでもなく、単に雨粒を近接撮影するだけのことなのだが、その文様と粒の中に写り込んでいる風景や色は、季節、角度や場所、時間帯によって変わってくる。

 だから車のフロントガラスや家の窓に雨粒が奇麗な文様を描いているとうれしくなってしまうのだ。どちらも室内でシャッターを切ることができるので、雨は気にしなくてもいい。

 あるとき、雨粒以外で似たような撮影ができないだろうかと考えていたら、空気の泡が入ったガラス石や炭酸の泡のついたペットボトルが目についたので、試しにズームを最大限アップにしてマクロ的に撮影してみると、これまた面白い雰囲気の写真が撮れた。気泡の入ったアクリル板でも試してみると、雨粒アートのような写真にもなった。

文様に写り込むもう一つの世界

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ