サイトマップ RSS

キャサリン妃のまね厳禁 歩行障害も スキニージーンズ着用で英誌に論文 (1/3ページ)

2015.6.25 00:00

ポロのチャリティー試合会場をジョージ王子とともに訪れたキャサリン妃。スキニージーンズとボーダーシャツで登場。5月に第2子を出産したばかりとは思えないスリムなスタイルが世界を驚かせた=2015年6月14日、英国・テットベリー(ゲッティ=共同)

ポロのチャリティー試合会場をジョージ王子とともに訪れたキャサリン妃。スキニージーンズとボーダーシャツで登場。5月に第2子を出産したばかりとは思えないスリムなスタイルが世界を驚かせた=2015年6月14日、英国・テットベリー(ゲッティ=共同)【拡大】

 世界のファッションリーダーとして注目を集める英王室のキャサリン妃(33)がよく着用することで流行に火が付いた脚にぴったり張り付く細身の「スキニージーンズ」をめぐり、衝撃の研究論文が23日、英医学誌に発表された。スキニーをはいて長時間しゃがんでいると、筋肉や神経に障害が起き、歩行困難になるというのだ。キャサリン妃が着た洋服は瞬く間に売り切れるといった社会現象が起きているが、彼女のまねをして細いジーンズを無理やりはくと、とんでもないことになると論文は警告している。

 しゃがみ続けて筋肉損傷

 論文は、オーストラリアのロイヤル・アデレード病院の医師らによるもので、英誌「神経学・神経外科学・精神医学ジャーナル」の電子版に掲載された。アデレードに住む35歳の女性の症例を取り上げている。

 それによると、この女性はスキニージーンズをはいて、家族の引っ越しを手伝っていた際、食器棚から物を取り出すために数時間しゃがみ続けた。夜になって自宅に帰る途中、足の感覚がまひし、つまずいて転倒。そのまま動けなくなった。

筋肉障害の指標となるクレアチンキナーゼ値が急上昇

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ