サイトマップ RSS

米上院、TPA法案可決 TPP妥結へ前進 オバマ政権、「遺産」作りに全力 (3/4ページ)

2015.6.26 08:00

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)妥結を模索するバラク・オバマ大統領。アジア太平洋地域における米国の主導権を確保できるか?=2015年6月24日、米国・首都ワシントン(AP)

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)妥結を模索するバラク・オバマ大統領。アジア太平洋地域における米国の主導権を確保できるか?=2015年6月24日、米国・首都ワシントン(AP)【拡大】

 ≪オバマ政権、「遺産」作りに全力≫

 米議会が24日、TPA法案を可決したことを受け、オバマ政権は今後、交渉に全力を傾けてTPP妥結を政権の「遺産」とし、アジア太平洋地域における秩序形成で米国の主導権を確保する考えだ。

 弱腰外交を払拭

 「アジアでの経済的地位を高め、オバマ外交の総仕上げとなる」。米紙ワシントン・ポスト電子版は24日、TPPが持つ意味に関する専門家の見方を伝えた。

 米国では、イラクやシリアでのイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の台頭は、オバマ政権の対シリア政策失敗が原因との見方が浸透しつつある。ウクライナの混乱長期化やイラン核協議をめぐるイスラエル首相との確執も、オバマ外交への厳しい評価につながっている。

 こうした中、共和党のミッチ・マコネル上院院内総務(73)はTPPによって「米国の貿易ビジネスは復活する」と強調。医療保険改革(オバマケア)で激しく対立し、2013年の政府機関一部閉鎖を招いた共和党が、TPA法案には協力的だったことがオバマ氏には幸いした。

アジア秩序で主導権

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ