サイトマップ RSS

【私のおしゃれ学】モデル 浦浜アリサさん バラのような存在になりたい (3/4ページ)

2015.6.30 14:30

モデル、浦浜アリサさん。[衣裳協力]any_SiS:シャツ6372円、デニム8532円(価格はすべて税込み)=2015年6月9日(大石一男さん撮影)

モデル、浦浜アリサさん。[衣裳協力]any_SiS:シャツ6372円、デニム8532円(価格はすべて税込み)=2015年6月9日(大石一男さん撮影)【拡大】

  • 3月7日、神戸ワールド記念ホールで開催された神戸コレクション2015_S/Sでの浦浜アリサさん=2015年、兵庫県神戸市中央区。(C)神戸コレクション制作委員会

 将来はモデルとして国際的に活躍していきたいと話す。尊敬しているモデルは山口小夜子さん。「どの作品を見ても表情が違う。服の良さを十分に引き出していて服に着られていない。時間や空間ごと身にまとっているような印象で、尊敬しています」

 モデルに必要なことについて尋ねると「服をデザインしたデザイナーの意図、思いを表現すること。自分自身の美しさをアピールするのは二の次。良い表現者になりたい」と理知的な口調で話した。

 憧れの女性像は赤いバラのようなイメージの女性という。「バラは一輪挿しでも存在感があるが花束にしても他の花と調和できる。意志は強くありたいが同時に柔軟な姿勢も忘れずにいたい」と話す。

 これからもモデルという表現者として彼女の挑戦は続いていく。(文:高原大観/撮影:フォトグラファー 大石一男/SANKEI EXPRESS

モデル 浦浜アリサ略歴

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ