サイトマップ RSS

キューバのジャズシーン支える実力派 ダイメ・アロセナ、プレイング・レクオーナ (2/3ページ)

2015.7.15 13:00

キューバ出身のシンガー・ソングライター、ダイメ・アロセナ=2014年11月3日(提供写真)

キューバ出身のシンガー・ソングライター、ダイメ・アロセナ=2014年11月3日(提供写真)【拡大】

  • アルバム「ヌエバ・エラ」(ダイメ・アロセナ、2000円+税)。発売中(提供写真)
  • 音楽&旅ライター、栗本斉(ひとし)さん(提供写真)
  • 3人のジャズピアニスト、(左から)チューチョ・バルデス、ゴンサロ・ルバルカバ、ミシェル・カミロ(提供写真)
  • V.A.「プレイング・レクオーナ」(2400円+税)。発売中(提供写真)

 また、高度なテクニックのスキャットを駆使して、まるで熟練の名歌手のようなたたずまいを見せるのもユニーク。このまま成長すればどんな大物になってしまうのか、末恐ろしくなるほどの実力派である。

 熱意伝わる演奏

 もう1枚紹介したいディスクは、「プレイング・レクオーナ」。これは、3人のピアニストが、キューバの名作曲家、エルネスト・レクオーナの楽曲を演奏するというドキュメンタリー映画のサントラだ。3人のうち、チューチョ・バルデスとゴンサロ・ルバルカバはキューバというよりも、現代のジャズシーンを代表するといってもいい世界的なピアニスト(もう一人はドミニカ共和国出身のミシェル・カミロ)。

 ソロやトリオ編成、または名歌手、オマーラ・ポルトゥオンドを招くなど、さまざまなスタイルでレクオーナの名曲を披露する。自国の音楽に敬意を表してルーツを忘れない姿勢は、キューバのミュージシャンの基本といってもいいだろう。

 時代を超えた名曲を、次世代に届けようとする熱意が伝わる見事な演奏ばかりが集められている。(音楽&旅ライター 栗本斉(ひとし)/SANKEI EXPRESS

Dayme Arocena略歴、作品集「Playing Lecuona」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ