サイトマップ RSS

エコー診断応用 皮膚潰瘍の治癒速度3倍 英研究チーム 糖尿病の下肢切断リスク軽減も (1/3ページ)

2015.7.15 07:30

人間のみならず、哺乳類の妊婦に幅広く使用される超音波診断装置。これを応用すれば皮膚潰瘍の治癒速度を画期的に向上させられるという=2015年6月16日、米オクラホマ州オクラホマシティ(AP)

人間のみならず、哺乳類の妊婦に幅広く使用される超音波診断装置。これを応用すれば皮膚潰瘍の治癒速度を画期的に向上させられるという=2015年6月16日、米オクラホマ州オクラホマシティ(AP)【拡大】

 妊婦検診でおなかの赤ちゃんの成長具合などを診察する際に使う「超音波」が、人間の体の傷の治癒速度を通常の3倍に速めることを英国の研究者らが14日までに突き止めた。超音波治療は骨折からの回復を促進するとして既にスポーツの世界では有名だが、今回の研究では、血行不良による慢性的でかつ、激しい痛みを伴う下肢の皮膚瘍に悩む糖尿病患者や、床ずれなどが治りにくい高齢者に効果的なことが分かった。

 研究者らは、こうした慢性的な皮膚潰瘍に悩む英国内の多くの患者を救えると説明。臨床試験が3~4年以内に始まるだろうとしている。実用化されれば、英国のみならず、世界で約4億人といわれる糖尿病患者を中心に慢性疾患に悩む人々の治療に画期的な威力を発揮することが見込まれる。

 振動で細胞活発化

 7月12日付英紙デーリー・メールや7月13日付英BBC放送などによると、この研究成果(論文)は英シェフィールド大とブリストル大などの共同研究チームが12日、学会誌「研究皮膚科学会ジャーナル」で発表した。

年5900億円負担

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ