サイトマップ RSS

ヒッチロボの旅 悲しい終焉 破壊され発見 人と信頼関係成立せず (1/3ページ)

2015.8.6 00:00

米マサチューセッツ州マーブルヘッドの路上でヒッチハイクをする「ヒッチボット」。元気に旅をしていたが、その後無残な姿で見つかった=2015年7月17日(AP)

米マサチューセッツ州マーブルヘッドの路上でヒッチハイクをする「ヒッチボット」。元気に旅をしていたが、その後無残な姿で見つかった=2015年7月17日(AP)【拡大】

 人間の好意と優しさを頼りに昨年7月からヒッチハイクで世界を旅していたロボット「ヒッチボット」が、米東部フィラデルフィアで何者かに破壊されてしまった。多くの人と出会い人気者になったヒッチボットの旅が悲しい終わりを迎えたことに衝撃が広がっている。このプロジェクトは、カナダの大学が急速に利用が進むロボットと人間の信頼関係について研究する社会実験として行っていた。ロボットと人間はわかり合えないことを暗示するかのような結末となったが、ヒッチボットは「人間への愛情は決して薄れない」と訴えている。

 ボストン出発の2週間後

 AP通信など海外メディアによると、ヒッチボットは、カナダのマクマスター大学のデビット・スミス博士とライアソン大学のフラウク・ゼラー博士らが共同開発した。

 旅の途中で盗難に遭わないよう、どこにでもある家庭用品を材料に使い、製作費は計1000ドル(約12万円)ほど。顔は赤色のLEDで、胴体は円筒形、黄色い長靴を履いている。ゼラー博士によると、自分では動けず、「完全に人間に依存する存在として設計された」という。

頭部がなくなり、両手をもぎ取られた状態で放置

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ