サイトマップ RSS

【男子テニス】錦織4強 技ありリターンで世界最速サーブ攻略

2015.8.9 09:30

男子シングルスで準決勝進出を決めた錦織圭(にしこり・けい)=2015年8月7日、米国・首都ワシントン(AP)

男子シングルスで準決勝進出を決めた錦織圭(にしこり・けい)=2015年8月7日、米国・首都ワシントン(AP)【拡大】

 テニスのシティ・オープンは7日、米ワシントンで行われ、男子シングルス準々決勝で世界ランキング5位の第2シード、錦織圭(にしこり・けい、日清食品)は世界62位のサミュエル・グロート(オーストラリア)を6-4、6-4で下し、ベスト4に進出した。

 錦織が技ありのリターンで、世界最速のサーブ記録を持つグロートを攻略した。大会初の4強進出を果たし「風もあって簡単ではなかったが、2セットで勝ててよかった」と満足そうだった。

 第1セットの第7ゲームで、強烈なサーブからネットに詰めてくる相手の足元にリターンを決めた。

 「相手のセカンドサーブをしっかり攻められた。(タイミングをずらす)遅いリターンも効いていた」と錦織。ボレーミスを何度も誘い、ブレークに成功した。

 逆に第2セットの第5ゲームでは頭上を狙い、山なりのロブを2発連続で決めてブレーク。時速235キロ以上のサーブでエースを奪われた場面もあり「受けた中では一番速いかもしれない」と驚いたが、相手の動きを見極める戦術眼と正確なプレーが光った。自身のサービスゲームは全てキープし、隙を見せずに押し切った。

 準決勝は昨年の全米オープン決勝で屈したチリッチと約1年ぶりの再戦となる。錦織は「面白い試合になる。リベンジしたい」と宣言した。(共同/SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ