サイトマップ RSS

【女子テニス】クビトバ 不調の原因は感染症と診断

2015.8.13 12:20

テニスのペトラ・クビトバ選手=2015年7月4日、英国・首都ロンドン(AP)

テニスのペトラ・クビトバ選手=2015年7月4日、英国・首都ロンドン(AP)【拡大】

 7月に行われたテニスのウィンブルドン選手で、女子シングルスの前回覇者でありながら3回戦で敗退したチェコのペトラ・クビトバ選手(25)は11日、報道陣に対し、倦怠(けんたい)感などを伴う伝染性単核球症と診断されたことを明かした。米メディアが伝えた。

 疲れが取れず3月の2大会を欠場したクビトバ選手は「喉の乾きなどが治まらず、ウィンブルドン後は抗生物質を服用している」と語った。今週、カナダ・トロントで開催中の大会には出場するが、その後は体調をみて決めるという。(SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ