サイトマップ RSS

【iPhoneでアートする】(4) 「小さなレンズ」逆転の発想で (1/3ページ)

2015.8.18 13:00

万華鏡で札幌・大通公園の花壇を写し込むと、さまざまな色や形のパターンが連なった景色が浮かび上がってきます。子供の顔や室内のライトでもチャレンジしてみてください。摩訶不思議な世界が広がりますよ=2015年8月10日、北海道札幌市中央区(野口隆史さん撮影)

万華鏡で札幌・大通公園の花壇を写し込むと、さまざまな色や形のパターンが連なった景色が浮かび上がってきます。子供の顔や室内のライトでもチャレンジしてみてください。摩訶不思議な世界が広がりますよ=2015年8月10日、北海道札幌市中央区(野口隆史さん撮影)【拡大】

  • 特殊なアプリ?_いえ、違います。レンズ前面の中央部分に細い隙間ができるように透明のセロハンテープを貼付けて撮影しただけです。札幌テレビ塔から見下ろして撮影すると、街はまるでジオラマ風に様変わり=2015年8月10日、北海道札幌市中央区(野口隆史さん撮影)
  • マクロレンズは使っていません。透明なビー玉をレンズ代わりに使っただけです=2015年5月12日(野口隆史さん撮影)
  • シャッター速度や絞りのマニュアル設定ができないため、飛び散る花火の光跡具合が予測できません。でも逆に偶然の面白さがあります。ただし、近づきすぎて火傷しないように気をつけてください=2015年8月4日(野口隆史さん撮影)
  • あまりにも娘がいたずらが過ぎるので、台所の水栓に閉じ込めました…。というのは嘘です。娘の手を洗わせようと、鏡面のような蛇口の押しボタンに顔が写っていたのです。面白いなと思い、動く娘が蛇口ボタンに映り込むまで待ってパシャリ。我慢比べです。一人は難しいので、パートナーにも手伝ってもらうのも一つの手です=2015年5月4日(野口隆史さん撮影)
  • 【写真(1)】玉をレンズ前に手で添えるだけです(野口隆史さん撮影)
  • 【写真(2)】セロハンテープをレンズ前に2枚、スリットを作るように貼り付けると、ミニチュア写真のように撮ることもできたりします(野口隆史さん撮影)

 東京や大阪はまだ夏真っ盛りですよね。私の住む北海道では、本州などで残暑見舞いのやり取りが続く頃になると、すでに秋の気配を感じます。ナナカマドの実が赤く色づき出したり、秋の虫が夜に鳴き出したりします。

 その一方で、アジサイやコスモス、ヒマワリが見頃を迎えています。不思議な組み合わせと思われるかもしれませんね。

 さて、今回はiPhoneを使って遊んでみました。

 iPhoneはすごく使い勝手の良いカメラですが、機能上の制限があります。接写できないし、絞りやシャッター速度も制御できません。

 フルオートのコンパクトカメラだと思えば何ら問題はないのでしょうけれど、多少、写真に覚えがある人にとってはちょっと物足りないかもしれませんね。

 正直、私も当初、少し物足りなさを感じましたが、逆に工夫をすれば面白い写真が撮れるのではないかと思えたのです。

 それは本体の小さなレンズを利用することです。

 試しに虫眼鏡をレンズ前にかざすと、何と被写体にこれまで以上に寄って大きく写すことができるではありませんか。ついでに「ものは試しに」とビー玉をレンズに付けると、マクロレンズのように接写できたのです。さらに透明なアクリル球をレンズ前に置くと、なんと今度は魚眼レンズのような効果が表れました。

ビー玉で近接撮影 ポイントは高い透明度

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ