サイトマップ RSS

【松田美智子の丸ごと食べちゃう】ひと手間かけて 「定番」を楽しむ サンマ (1/7ページ)

2015.9.26 14:30

秋の代名詞、サンマ。できるだけ新鮮なものを選んで(松下二郎さん撮影)

秋の代名詞、サンマ。できるだけ新鮮なものを選んで(松下二郎さん撮影)【拡大】

  • サンマの塩焼き(松下二郎さん撮影)
  • サンマの塩焼き。うろこを尻尾から頭に向かって刃先でなぜるようにして除く(松下二郎さん撮影)
  • サンマの煮物(松下二郎さん撮影)
  • サンマの煮物。煮物や揚げ物は、頭と内臓を落として筒切りに(松下二郎さん撮影)
  • サンマの煮物。粉を振ることで皮を保護する(松下二郎さん撮影)
  • サンマの煮物。ゴボウの食感をいかすため、蓋をしない(松下二郎さん撮影)
  • サンマの三枚おろしでグリルサラダ(松下二郎さん撮影)
  • サンマの三枚おろしでグリルサラダ。三枚おろしは頭から尻尾の方向へと刃を入れる(松下二郎さん撮影)
  • サンマの三枚おろしでグリルサラダ。腹側の黒い部分をこそげおとすと仕上がりがきれいになる(松下二郎さん撮影)
  • サンマの三枚おろしでグリルサラダ。バルサミコは上質なものを選んで(松下二郎さん撮影)
  • 野田琺瑯のバット。食材ににおいが移らないほうろう製のバット(野田琺瑯提供)
  • ジュゼッペ・ジュスティのバルサミコ。「黄金の液体」と称されるアチェート・バルサミコ(稲垣商店提供)
  • 料理研究家、松田美智子さん(提供写真)

 秋の風物詩といえば、サンマ。こんがり焼けた塩焼きのおいしさは、秋の到来がしみじみうれしくなりますよね。今回は塩焼きはもちろん、煮物やソテー、サラダと、ひと味ちがったサンマのレシピをご紹介します。

 鮮度がポイント

 サンマには、血液の流れを良くするといわれるエイコサペンタエン酸が含まれており、脳梗塞・心筋梗塞などの病気を予防する効果があるとされています。また、ドコサヘキサエン酸も豊富に含まれており、体内の悪玉コレステロール(LDL)を減らす作用のほか、脳細胞を活発化させ、頭の回転を良くする効果もあるとか。

 サンマの味は鮮度が決め手。ポイントは(1)尾を持ちサンマの頭を上に向けたとき体が曲がらずにできるだけまっすぐに立つ(2)目が濁っていない(3)口先がほんのり黄色いこと-の3つです。

ゴボウとも好相性

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ