サイトマップ RSS

5つの三面記事が人生をあぶりだす 「きわこのこと」著者 まさきとしかさん (3/3ページ)

2015.9.27 13:30

静謐(せいひつ)なミステリーで読者を魅了してきたまさきとしかさん。しかし自身は「ミステリーという枠を決めてはいないんです。書きたいのはあくまで人間」=2015年3月27日(塩塚夢撮影)

静謐(せいひつ)なミステリーで読者を魅了してきたまさきとしかさん。しかし自身は「ミステリーという枠を決めてはいないんです。書きたいのはあくまで人間」=2015年3月27日(塩塚夢撮影)【拡大】

  • 「きわこのこと」(まさきとしか著/幻冬舎、1500円+税、提供写真)

 どろどろとした感情をえぐりながらも、不思議と読後感はさらりとしている。抑えた筆致ゆえだろうか。「間取りや住所、ポストの位置や色、形といったディテールまで、小説の土台となる設定自体は徹底的に作り込むのですが、文章自体は大事なところを書かない小説が好き。説明が一切ない小説を目指しています」

 文章自体もだが、ラストについてもあえて過剰な説明を避けた。「実はこのラストをめぐる物語を一話書いていたのですが、あえて封印しました。人の死って、本当のことは分からない。全部種明かしをするよりも、余韻があるほうが残る。断片が夢に出てくるような小説になっていれば理想かな。何度も読み返して、自分なりの『真実』を見つけてくれればうれしいです」

 記事の向こう側にちりばめられた貴和子という“謎”。夢の中まで、探しに行こう。(塩塚夢、写真も/SANKEI EXPRESS

 ■まさき・としか 1965年、東京都生まれ。札幌育ち。2007年に『散る咲く巡る』で第41回北海道新聞文学賞を受賞。著書に『夜の空の星の』『熊金家のひとり娘』『完璧な母親』『途上なやつら』がある。

「きわこのこと」(まさきとしか著/幻冬舎、1500円+税)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ