サイトマップ RSS

【野口裕之の軍事情勢】ワーゲン生みの親が設計したナチス戦車 ナチ親衛隊制服をデザインした有名ブランド (4/5ページ)

2015.10.5 06:00

1938年5月26日、フォルクスワーゲンの工場開所式で演説するアドルフ・ヒトラー。手前はヒトラーの肝煎りで設計された「ビートル」=ドイツ北西部・ファラースレーベン(AP)

1938年5月26日、フォルクスワーゲンの工場開所式で演説するアドルフ・ヒトラー。手前はヒトラーの肝煎りで設計された「ビートル」=ドイツ北西部・ファラースレーベン(AP)【拡大】

  • 工学技術者、フェルディナンド・ポルシェ博士(1875~1951年、提供写真)

 ヒトラーはまた、外国のレーシングマシンにも勝とうと、ポルシェ博士と国内他社を競わせた。こちらの背景もキナ臭さを伴う。「2人の独裁者による国威発揚レース」とでも言っておく。「2人」の片割れはイタリアの独裁者、ベニート・ムソリーニ(1883~1945年)。レースの発信力を理解できたムソリーニは1000マイルレースを企画し、強豪《アルファ・ロメオ》を国営化するなどドイツの先を走っていた。ところが、博士はスーパーチャージされた16気筒エンジンをドライバーの後ろに搭載する《Pワーゲン》で対抗。自姓の頭文字をあしらった「技術の塊」は常勝イタリアを完膚無きまでに圧倒する。

 「月面車」設計にも応用

 渦中のVWが世界最高峰のレースF1(フォーミュラ・ワン)に参戦するとの見方が最近、浮上したことはいかにも皮肉だ。しかも昨年、各国の公道を電気自動車が200キロ超で疾駆する、環境に優しい《フォーミュラE》も始まった。ポルシェ博士は1900年、20代半ばで平均時速40キロという、当時最速の電気自動車を開発→既に行われていた電気自動車部門レースにおいて、新記録で優勝した。前述したが、内燃機関で発電し、その電気でモーターを回す戦車に使われた駆動方式は、電気自動車の応用過程で培われた。非力な蓄電池を補い、走行距離を延ばすためのハイブリッド技術は芽生えていたのだ。

《月の石》などを持ち帰ったあの《月面車》

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ