サイトマップ RSS

時間忘れて打ち込むことが若さの秘訣 映画「ベトナムの風に吹かれて」 松坂慶子さんインタビュー (1/6ページ)

2015.10.16 10:30

主演作「ベトナムの風に吹かれて」(大森一樹監督)で中高年の生き方の一つを提示した松坂慶子さん=2015年9月29日、東京都港区(鈴木健児撮影)

主演作「ベトナムの風に吹かれて」(大森一樹監督)で中高年の生き方の一つを提示した松坂慶子さん=2015年9月29日、東京都港区(鈴木健児撮影)【拡大】

  • 【メディアトリガーplus(試聴無料)】映画「ベトナムの風に吹かれて」(大森一樹監督)。10月17日公開(アルゴ・ピクチャーズ提供)。(C)「ベトナムの風に吹かれて」製作委員会

 「私は大の旅行好き」と公言している松坂慶子(63)がハノイに足を運んだのは、意外にも昨年6月の主演映画のロケハンが初めてだった。「初めてハノイの街角に立ったとき、すっかり圧倒され、とりこになってしまいました。活気とか、人々のやる気といったものがみなぎっていたんですよ。10代や20代の頃のように、元気はつらつな自分に戻ることができるから、ハノイが好きになったんでしょうね」

 難しいベトナム語会話

 興奮気味に話してくれた松坂のその後のベトナム訪問はどんどん増え、計7回にものぼった。さて、そんな松坂が出演したのは、初の日本・ベトナム合作映画「ベトナムの風に吹かれて」(大森一樹監督)だ。本作の原作は、新潟県魚沼市出身でベトナム在住の日本語教師、小松みゆきの著書「越後のBaちゃんベトナムへ行く」。認知症の症状が出始めた高齢の母親と現地で体験した悲喜こもごもが軽やかなタッチでつづられている。

ベトナム語で説明するシーン

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ