サイトマップ RSS

ネットが始点 新世代ラップの潮流 DAOKO (2/3ページ)

2015.10.21 11:30

クリエイターからも指示を受けるDAOKO(だをこ)。インターネットに投稿した動画が、デビューのきっかけになった=2015年8月19日(提供写真)

クリエイターからも指示を受けるDAOKO(だをこ)。インターネットに投稿した動画が、デビューのきっかけになった=2015年8月19日(提供写真)【拡大】

  • シングル「ShibuyaK_さみしいかみさま」(DAOKO、1200円+税)。発売中(提供写真)
  • 音楽評論家、藤田琢己さん(提供写真)

 「ニコ動」に触発

 音楽好きの父親に触発され、音楽を始めた。「中学の時に動画投稿サイト『ニコニコ動画』に投稿されているラップ楽曲ジャンル『ニコラップ』にたまたま出合って、今ほど女性でラップをしている人がいなかったので、自分がやってみようと思ったのが、音楽活動の始まり」という。そこから2年でm-floと楽曲制作、映画監督、アニメーションクリエーターなどから声がかかったことについて「最初は実感がわかなかったのですが、いろんな人と活動したいと思っていたので、本当にありがたい気持ちです」とDAOKO。

 21日の新作リリースで、今まで伏せていた顔を出すことにした。「少し恥ずかしいですが、少しでも多くの人にDAOKOを知ってほしい。一つ一つ、地に足つけて活動していきたいです」と意気込む。作品は両A面シングルだが、渋谷の街を歌った「ShibuyaK」は、♪何んでもあるけど、何にもなんにもないな…と歌う。にぎやかな街に身を投じるが、どこかに虚無感を持つ10代の等身大の胸の内を吐露しているような表現が印象的だ。

インターネットをきっかけに夢をつかむ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ