サイトマップ RSS

ネットが始点 新世代ラップの潮流 DAOKO (3/3ページ)

2015.10.21 11:30

クリエイターからも指示を受けるDAOKO(だをこ)。インターネットに投稿した動画が、デビューのきっかけになった=2015年8月19日(提供写真)

クリエイターからも指示を受けるDAOKO(だをこ)。インターネットに投稿した動画が、デビューのきっかけになった=2015年8月19日(提供写真)【拡大】

  • シングル「ShibuyaK_さみしいかみさま」(DAOKO、1200円+税)。発売中(提供写真)
  • 音楽評論家、藤田琢己さん(提供写真)

 インターネットをきっかけに夢をつかむ音楽活動は、新しい世代の感性と相まって、さらにおもしろくなっていくと感じている。(音楽評論家 藤田琢己/SANKEI EXPRESS

 ■だをこ 1997年生まれ、東京都出身のラップシンガー。15歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、2012年に1st Albumをリリース。翌年、m-floに見いだされ、13年にm-flo+daokoの「IRONY」が、映画「鷹の爪~美しきエリエール消臭プラス~」の主題歌に。さらに、中島哲也監督の目に留まり、映画「渇き。」の挿入歌に「Fog」が選ばれた。15年3月、TOY’S FACTORYからメジャーデビューした。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ