サイトマップ RSS

【iPhoneでアートする】(6) 短い秋 最後の色彩を楽しむ (1/3ページ)

2015.10.21 14:30

落ち葉が水面にモザイク模様を作る=2015年10月11日(野口隆史さん撮影)

落ち葉が水面にモザイク模様を作る=2015年10月11日(野口隆史さん撮影)【拡大】

  • 落ち葉で遊ぶ(写真2)=2015年9月26日(野口隆史さん撮影)
  • 秋空とコスモスと蜂(写真1)=2015年9月16日(野口隆史さん撮影)
  • 水たまりのイチョウ(写真3)=2014年11月10日(野口隆史さん撮影)
  • 窓枠の中の秋(写真4)=2015年10月7日(野口隆史さん撮影)
  • 秋の色は紅葉だけではない。鮮やかな色のキノコが顔を出していた=2015年9月28日(野口隆史さん撮影)
  • 夕暮れのススキ=2015年9月25日(野口隆史さん撮影)

 北海道は本州よりもひと月以上、秋の訪れが早い。9月の中旬ともなれば山からは雪の便りが届くほどだ。

 9月の中旬まで「今年は暑くて秋が遅い」(あくまでも北海道の肌感覚で、東京・大阪からみればおそらく秋の気温)と日中は半袖で過ごしていても、下旬になるといきなり季節のシャッターを降ろされたように北風が身にしみるようになる。

 「ストーブたいた?」という時候のあいさつと同時に、街中の木々は一気に色づき始める。

 あくまでも個人的な観察と感想で、はじめに色づくのがナナカマドと桜の葉。

 札幌に移り住むまでは、桜の紅葉がこれほどまでに美しいとは正直、思ってもみなかった。

 それはおそらく、イチョウ、シラカバ、カツラ、イタヤカエデなど黄葉する街路樹が多いだけに、赤色が特に目立つのかもしれない。

 北国で特徴的なのは、雪と紅葉を同時に見ることができること。たまたま行き当たった道外からの観光客には楽しい光景かもしれないが、道民にとってはこれから長く厳しい冬の訪れの序章だけに、あまり楽しい季節ではないかもしれない。

観察と思い切りで季節感を

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ