サイトマップ RSS

たばこと同レベル?加工肉に発がん性 WHO報告に衝撃…食肉団体は猛反発 (1/4ページ)

2015.10.28 11:05

大きな口を開けて、ホットドッグにかぶりつく少年。世界保健機関(WHO)の研究機関がソーセージなどの加工肉に高い発がん性が認められると発表し衝撃が広がっている=2015年9月30日、英国・マンチェスター(ロイター)

大きな口を開けて、ホットドッグにかぶりつく少年。世界保健機関(WHO)の研究機関がソーセージなどの加工肉に高い発がん性が認められると発表し衝撃が広がっている=2015年9月30日、英国・マンチェスター(ロイター)【拡大】

  • ベーコン

 世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)が、ハムやソーセージ、ベーコンといった加工肉に高い発がん性が認められ、大腸がんを発症するリスクがあるとの調査報告を発表し衝撃が広がっている。

 5段階ある発がん性の評価で、たばこやアスベストと同じ最高レベルに分類。ハムやベーコン2、3枚分の50グラムを毎日食べ続けると、発症率が18%高まるとしている。ステーキなどの赤身の肉にも発がん性があると指摘した。

 これに対し、大量消費国である米国の食肉業界団体は「信憑(しんぴょう)性に欠ける」と猛反発。肉をこよなく愛する消費者は「何を食べればいいんだ」と悲嘆にくれている。

 たばこと同じ危険レベル

 この調査報告は26日、がんに関する専門医学誌「ランセット・オンコロジー」の電子版に掲載された。欧米メディアの報道によると、IARCの研究者が、世界中で発表された約800件の研究論文を精査した結果、「加工肉の摂取が大腸がんを引き起こすことを示す十分な証拠が得られた」という。

肉を塩漬けや発酵、薫製などで加工した幅広い食品が対象に含まれ…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ