サイトマップ RSS

【カリスマQ&A】ダンサーの持てる権利って何がありますか? (1/2ページ)

2015.11.2 11:30

ダンス関連の企画演出などを行う株式会社「アノマリー」代表取締役兼ダンサー、カリスマカンタローさん=2013年2月27日(本人提供)

ダンス関連の企画演出などを行う株式会社「アノマリー」代表取締役兼ダンサー、カリスマカンタローさん=2013年2月27日(本人提供)【拡大】

 ダンサーの権利問題、すごく大事ですね。僕の話はやはりストリートダンスがメーンになりますが、権利でまず目立つものは振り付けですね。振り付けとは正にダンサーが生み出す一番大事でクリエーティブな権利でしょう。

 音楽を可視化する一つの方法であり、ダンサーとしての最大の武器にもなります。今はまだこの振り付けの権利が守られてるものでもなく、その結果、例えば音楽アーティストのような印税システムがあるわけでもないのでダンサーはここの部分では権利弱者となります。

 他にはダンスの映像コンテンツなど、今後は主張できるものも増えていきそうです。しかし、コンテンツにする場合はどうしても音楽の著作権の問題が出てきます。

 音楽はさまざまな法で守られており、また権利関係に絡む関係も複雑であったりします。そのため、他人の所有している音楽に自分のダンスをつけても自身のモノにはならないのです。

ダンサーというよりクラバーに近いかな

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ