サイトマップ RSS

【パリ同時多発テロ】乱射10分以上 「花の都」戦慄の一夜 (1/4ページ)

2015.11.15 05:00

同時多発テロから一夜明け、銃撃があったカフェを調べる警察官=2015年11月14日、フランス・首都パリ(ロイター=共同)

同時多発テロから一夜明け、銃撃があったカフェを調べる警察官=2015年11月14日、フランス・首都パリ(ロイター=共同)【拡大】

  • パリ同時多発テロの主な発生現場=2015年11月13日、フランス・首都パリ

 金曜夜のパリを襲った同時テロが世界を震撼(しんかん)させた。市民が集まった競技場や劇場を武装した男らが次々と襲う。「まるで戦場だ」。劇場での乱射は10分以上も続き、多数の遺体が横たわる床は血の海に。地元報道を基に「花の都」を恐怖のどん底にたたき落とした戦慄の一夜を再現した。

 競技場周囲で爆音

 惨劇の始まりは繁華街のカフェだった。パーティーのクラッカーのような音とともに、夜を楽しむ客に向けて男が銃を撃ち始めた。13日金曜日午後9時(日本時間14日午前5時)ごろ。男は向かいのカンボジア料理店にも銃弾を撃ち込み、計10人以上が命を落とした。

 事態がさらに深刻化したのは、その約20分後だ。料理店から北に約6キロ。オランド大統領を含む観客ら約8万人が集まった競技場に突然、爆発音がとどろいた。サッカー・フランス代表とドイツ代表の親善試合が行われていた国立競技場「スタッド・ド・フランス」周囲3カ所で爆発が相次いだ。爆音は中継でも流れ、視聴していた国民にもショックは広がった。競技場は大混乱に。観客らは不安げな表情でピッチに降り立ち、テロに負けない意志を訴えるかのように、国歌・ラマルセイエーズを歌いながら競技場を去った。爆発で自爆テロ犯3人を含む少なくとも4人が死亡した。

劇場血の海に

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ