サイトマップ RSS

【パリ同時多発テロ】「次はどこ」募る不安、自由の国分断 (1/2ページ)

2015.11.16 05:00

フランス国旗の色にライトアップされた首都ベルリンのブランデンブルク門でテロの犠牲者を追悼する市民ら。世界中のモニュメントがライトアップされた=2015年11月14日、ドイツ(AP)

フランス国旗の色にライトアップされた首都ベルリンのブランデンブルク門でテロの犠牲者を追悼する市民ら。世界中のモニュメントがライトアップされた=2015年11月14日、ドイツ(AP)【拡大】

  • 日曜日を迎えたパリで、同時多発テロの襲撃現場にろうそくや花をささげ、泣き崩れる女性ら=2015年11月15日、フランス・首都パリ(ロイター)

 「なぜテロを防ぐことができないのか」「次はどこが標的になるのか」。1月の風刺週刊紙シャルリー・エブド襲撃事件に続きテロの標的となったパリでは募る不安とともに住民の間で摩擦が深まっている。

 「事件はイスラム教とは関係がない。犯人たちはテロリストだ」

 事件から一夜明けた14日。テロに見舞われ10人前後が死亡したパリ中心部のカンボジア・レストラン前で、イスラム教徒の30代の男性が声をあげていた。「過激主義をもたらしたイスラム教に問題がある」と主張する老女と論争になり、周囲には人だかりができていた。レストランの窓ガラスは割れ、玄関には黒ずんだ血痕が残る。人々がささげた花束のそばで、警察官が警備に当たっていた。

 イスラム教へ高まる反感

 人口約6500万人のうち、1割という欧州最大のイスラム教徒を抱えるフランス。英BBC放送は、同時テロを受けて「移民やイスラム教への反感が津波のような高まりを見せている」と伝え、「イスラム教徒であるといえば、仕事にも支障が出る」という移民出身者の声を紹介した。

 1月の週刊紙襲撃事件は社会に溶け込めず、疎外感や差別、格差に強い不満を抱く移民出身の若者たちが、西欧文明の破壊を呼びかけるイスラム過激思想に染まっていくという重い現実を突きつけた。

FNのマリーヌ・ルペン党首「フランスはもはや安全な国ではない」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ