サイトマップ RSS

【iPhoneでアートする】(7) 夜景シーズンに3つの理由 (1/3ページ)

2015.11.16 14:00

冬場に差し掛かると数多くの街で、大規模なイルミネーションが加わり、夜の街の装いはいっそう華やかになる。撮影では思った以上に、暗く写りやすので明るめに補正するのがお勧め=2014年12月3日(野口隆史さん撮影)

冬場に差し掛かると数多くの街で、大規模なイルミネーションが加わり、夜の街の装いはいっそう華やかになる。撮影では思った以上に、暗く写りやすので明るめに補正するのがお勧め=2014年12月3日(野口隆史さん撮影)【拡大】

  • 夜景もパノラマで撮影に挑んでみてはどうだろうか?より奥行きと広がりのある写真となる=2015年9月17日(野口隆史さん撮影)
  • 晩秋の、紅葉した蔦(つた)が絡まる赤レンガ壁。街路灯を縦横3分割して交差する点に構図を置くだけで、写真はぐっと人目につきやすくなる=2015年10月29日(野口隆史さん撮影)
  • 教会の壁面に電飾された3つの十字架。あえて道路脇の街路樹を入れることで、その枝のシルエットは別の意味合いを持たせるような画風にもなる=2014年12月10日(野口隆史さん撮影)
  • さりげない遊歩道も街路灯に浮かび照らされるだけで、まるでヨーロッパの街のように、趣の違った景色となる。夜は日中の光にない別な光景を映し出すから面白い=2014年7月20日(野口隆史さん撮影)
  • 雨の降った日は、濡れたアスファルトを鏡のように利用することができる。信号機や街路灯が路面に淡く光照らされ、どことなく叙情的な光景になる=2015年10月8日(野口隆史さん撮影)
  • あえて強制的に手前ピントを合わせたままiPhoneを撮影すると、遠くの景色の光は大きな円状に写る。この写真は日本三大夜景の一つ、函館山山頂から撮ったもので、いつも目にしている夜景とは全く違う趣がある=2015年6月22日(野口隆史さん撮影)
  • (野口隆史さん撮影)

 ≪見慣れた街 切り取り方で違う趣≫

 いよいよ夜景撮影の季節がやってきました。

 「え? 夜景の撮影に良い条件の季節ってあるの?」

 そんな疑問の声も聞こえてきそうなので、簡単に説明しますと以下の3点の理由からです。(1)秋から冬は気温低下に伴い空気中の水蒸気が減るために、空気の透明度が上がる。それだけ街の明かりがくっきりと映し出される。(2)日没が早くなるため、撮影に夏よりも早めにとりかかることができる。(3)寒さで夜景を楽しむ人たちが少なくなるために、周りに気兼ねなくじっくりと撮影に臨める。

 もっとも今お住まいの地域によっては多少の違いがあるので、突っ込みなしで、あくまでも一般論として参考にして下さい。

 と、ここまで書きながらふと気がついたことがあります。よくよく考えてみると、iPhoneってそれほどまで気張って撮影するものでもないし、手軽さが売りのはず。ウンチクはこの際なしで、それよりも通勤・通学からの帰り道に、ちょっと街をぶらついて夜景にチャレンジしてみて下さい。

写真家 野口隆史略歴

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ