サイトマップ RSS

【パリ同時多発テロ】「イスラム国」打倒 仏大統領の誓い (1/5ページ)

2015.11.18 07:30

イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)との戦争に勝利すると誓ったフランソワ・オランド仏大統領(中央)=2015年11月16日、フランス・首都パリ近郊のベルサイユ宮殿(ロイター)

イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)との戦争に勝利すると誓ったフランソワ・オランド仏大統領(中央)=2015年11月16日、フランス・首都パリ近郊のベルサイユ宮殿(ロイター)【拡大】

 フランスのフランソワ・オランド大統領(61)は16日、パリ同時多発テロをめぐる議会の演説で、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の打倒を誓い、国内外の支持取り付けに動き出した。17日には、パリを訪問したケリー米国務長官と会談し、対テロ共闘策について協議した。オランド氏は米露両首脳と近く会談し、対テロ戦に向けた国際的な団結を目指して外交を活発化させる。

 オランド氏は16日夕、ベルサイユ宮殿に上下両院議員を招集して演説。「テロはシリアで計画され、ベルギーで準備された」と指摘した上で、「国は全力を挙げて国民を守る」と述べ、「イスラム国」のテロに反撃し、破壊すると誓った。

 議会は17日、テロ直後に導入した非常事態宣言の3カ月の延長や、大統領権限を拡大する憲法改正など、大統領が要請した案件について議論を開始し、特別予算や法制面から対テロ戦の支援に動き始めた。

 フランスのメディアによると、バルス首相は17日、オランド大統領が来週、バラク・オバマ米大統領(54)とワシントンで、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領(63)とモスクワで、それぞれ会談する予定だと語り、フランスの対テロ外交が始動したことを強調した。

仏大統領の演説要旨

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ