サイトマップ RSS

【パリ同時多発テロ】浮上の主犯格 過激派の「温床」育ち (3/4ページ)

2015.11.18 08:00

襲撃現場に近いレピュブリック広場では犠牲者を偲び多くのメッセージが描かれた=2015年11月16日、フランス・首都パリ(大西正純撮影)

襲撃現場に近いレピュブリック広場では犠牲者を偲び多くのメッセージが描かれた=2015年11月16日、フランス・首都パリ(大西正純撮影)【拡大】

  • ベルギー国籍のアブデルハミド・アバウド容疑者(AP)

 「カリスマ性ある若者」

 アバウド容疑者とアブデスラム兄弟の接点も判明しつつある。アバウド容疑者はサラ容疑者とともに2010年、強盗容疑で刑務所に収監されたという。「イスラム国」の活動に積極的なアバウド容疑者がサラ容疑者を誘った可能性がある。

 「何かカリスマ性がある若者だ」。アバウド容疑者の残虐なビデオを昨年、入手したジャーナリストの印象だ。アバウド容疑者は今年1月、ベルギー当局が阻止したベルギー国内の大規模テロ計画に資金提供したとされるほか、4月のパリの教会に対するテロ未遂や、8月にオランダからパリへ向かう国際列車で起きたテロ未遂に関わったとの情報もある。(ベルリン 宮下日出男/SANKEI EXPRESS

 ≪APEC首脳 対策協調を宣言へ≫

 フィリピン・マニラで開かれていたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の閣僚会議は17日、パリ同時多発テロを受け、テロ対策の強化を盛り込んだ共同声明を採択し閉幕した。声明はテロから地域を守るための情報共有を進めることを明記。日米など参加21カ国・地域は18日から開く首脳会議でも、テロ対策で協調する方針を宣言に盛り込む方向で調整する。

中国などTPPに不参加の国・地域に配慮

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ