サイトマップ RSS

【パリ同時多発テロ】主犯格死亡 次の計画は寸前で阻止 (1/5ページ)

2015.11.20 07:30

首都パリ郊外サンドニで、制圧したテロ容疑者の拠点を調べる捜査員ら=2015年11月18日、フランス(AP)

首都パリ郊外サンドニで、制圧したテロ容疑者の拠点を調べる捜査員ら=2015年11月18日、フランス(AP)【拡大】

  • アブデルハミド・アバウド容疑者(AP)

 パリ同時多発テロで、フランス検察は18日、パリ郊外のサンドニで実施したテロ容疑者の拠点制圧で、自爆した女ら少なくともテロ容疑者2人が死亡、8人を拘束したと発表した。8人に主犯格アブデルハミド・アバウド容疑者は含まれておらず、治安当局は19日、死亡したもう一人がアバウド容疑者の可能性もあるとみて、遺体の身元特定を急ぎ、死亡を確認した。検察は、容疑者グループがパリ周辺で新たなテロを計画していたが、寸前で阻止したことも明らかにした。

 アバウド容疑者は、犯行声明を出したイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の対外作戦部門のキーパーソンとされ、同時テロの全容解明に向けた捜査で最大の焦点となっている。

 米紙ワシントン・ポスト電子版は複数の欧州当局高官の話として、アバウド容疑者は制圧作戦時に死亡したと報道。死者は3人との情報もある。

 アバウド容疑者は16日時点でフランス国内にいたとの情報があった。制圧の際に自爆した女はアバウド容疑者のいとこの可能性がある。拘束された8人には同時テロの際に自爆した実行犯の弟で国際手配されたベルギー在住のフランス人、サラ・アブデスラム容疑者も含まれていない。

警察の特殊部隊が使った弾薬の数 5000発以上

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ