サイトマップ RSS

普通の若者が豹変、忍び込む過激思想 パリ同時テロ、発生1週間 (4/4ページ)

2015.11.21 00:00

同時多発テロの発生から1週間となる20日の朝を迎えたパリのレピュブリック広場。癒えぬ悲しみを象徴するかのような雨が広場を濡らした(大西正純撮影)

同時多発テロの発生から1週間となる20日の朝を迎えたパリのレピュブリック広場。癒えぬ悲しみを象徴するかのような雨が広場を濡らした(大西正純撮影)【拡大】

 彼らがイスラム国に共鳴した経緯は明らかになっていないが、知人らは「国内にいる段階で何らかの手段で洗脳されたのだろう」と推測している。

 18日の制圧作戦の際に、主犯格のアバウド容疑者と一緒にいて自爆死した女のアスナ・アイトブラセン容疑者もメディアの注目を集めている。共同通信は「ミニスカートをはいて、化粧をしていた。モスクに行くのは見たことがない」と驚く知人の話を伝えた。

 フランスの犯罪専門家は「悩みを抱える青年期に心に隙間ができ、過激思想が入り込んできたのだろう」と分析し、「イスラム国に参加した原因を徹底的に調べなければテロ根絶もありえない」と話した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ