サイトマップ RSS

普通のおじいさんの部分も描く 映画「独裁者と小さな孫」 モフセン・マフマルバフ監督インタビュー (1/4ページ)

2015.12.11 13:30

人間の本質に迫ったモフセン・マフマルバフ監督=2015年10月22日、東京都内(荻窪佳撮影)

人間の本質に迫ったモフセン・マフマルバフ監督=2015年10月22日、東京都内(荻窪佳撮影)【拡大】

  • 【メディアトリガーplus(試聴無料)】映画「独裁者と小さな孫」(モフセン・マフマルバフ監督)。12月12日公開(ATTICUS提供)

 所属していた組織がひょんなことから瓦解(がかい)してしまい、誰にも頼れない、まっさらな自分の状態となったときのことを想像したことがあるだろうか。イランの巨匠、モフセン・マフマルバフ監督(58)は、自身の新作ヒューマンドラマの主人公に、クーデターでその地位を追われ、亡命生活を強いられた架空の国の独裁者を据え、人間という存在の本質に迫った。そのタイトルも「独裁者と小さな孫」。

 ≪独裁国家でクーデターが起きた。これまで国民の税金を搾取してぜいたく三昧(ざんまい)の生活を謳歌(おうか)してきたばかりか、政権維持のためには大勢の罪なき人々を処刑することも厭(いと)わない老齢の独裁者こと大統領(ミシャ・ゴミアシュウィリ)は、幼い孫(ダチ・オルウェラシュウィリ)とともに逃亡生活を送ることになった。羊飼いや旅芸人に変装して海を目指す2人は…≫

架空の国設定して

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ