サイトマップ RSS

【佐藤優の地球を斬る】米国育ちのテロリスト (1/3ページ)

2015.12.12 09:00

12月3日、米カリフォルニア州サンバーナディーノで、犠牲者の追悼集会に参加する人々=2015年(ロイター)

12月3日、米カリフォルニア州サンバーナディーノで、犠牲者の追悼集会に参加する人々=2015年(ロイター)【拡大】

  • 作家、元外務省主任分析官の佐藤優(まさる)さん=2014年3月20日、東京都新宿区(大里直也撮影)

 12月2日、米国カリフォルニア州サンバーナディノで銃乱射事件が起き、14人が殺害された。当初、容疑者の動機について、職場でのトラブルという見方もあったが、6日夜(日本時間7日午前)、米国のオバマ大統領は、この事件がテロであると断定した。

 銃乱射、海外指示証拠なし

 <(オバマ大統領は、)カリフォルニア州サンバーナディーノでの乱射事件について「罪のない人々を殺害するためのテロ行為だ」と断言した。ただ、連邦捜査局(FBI)がイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に感化された可能性があるとみて調べている容疑者夫妻に関しては、イスラム国などの海外テロ組織から指示を受けたことを示す証拠はないとした。

 オバマ氏は演説で、テロから米国民の安全を守るため万全を尽くすことや、イスラム国掃討作戦の強化を改めて強調。国内のイスラム系住民を差別しないよう求めるなど、国民に冷静な行動を呼びかけた。

 掃討作戦に関しては、フランス、イギリスが空爆をシリアに拡大するなど有志連合による取り組みが強化されていることを挙げて、空爆や米軍特殊部隊の派遣によって現地部隊の支援を続けることで「より持続的な勝利を達成できる」と指摘。大規模な地上部隊派遣を重ねて否定した。>(12月7日「産経ニュース」)

イスラム教徒への敵視懸念

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ