サイトマップ RSS

【野口裕之の軍事情勢】「潜水できぬ潜水艦」韓国でトラブル続出 過剰に日本意識…チグハグな兵器体系 (2/6ページ)

2015.12.14 06:00

韓国海軍の潜水艦「金佐鎮」(4番艦)の進水式で祝辞を述べる朴槿恵(パク・クネ)大統領。トラブル続きのドイツ生れの「韓国製」潜水艦が、豪州次期潜水艦をめぐる受注戦で日本の「友軍」となる=2013年8月13日、韓国南部・巨済(聯合=共同)

韓国海軍の潜水艦「金佐鎮」(4番艦)の進水式で祝辞を述べる朴槿恵(パク・クネ)大統領。トラブル続きのドイツ生れの「韓国製」潜水艦が、豪州次期潜水艦をめぐる受注戦で日本の「友軍」となる=2013年8月13日、韓国南部・巨済(聯合=共同)【拡大】

 トラブル続出の自称国産

 3カ国の空軍が導入を決定したのはジェット練習機T-50や派生型の軽攻撃機FA-50など。

 韓国内での組み立てに焦点を絞れば「韓国製」ではあるものの、実態は米軍需大手ロッキード・マーチンが開発し、韓国の航空機メーカー・韓国航空宇宙産業(KAI)が製造する。従って、エンジンや電子装備など枢要技術がほとんど「米国生まれ」という「血統」には絶対服従。10月にはウズベキスタンへの輸出に、米国が武器輸出管理法を持ち出し待ったをかけた。技術流出や周辺国との緊張誘発が問題視されたもようだ。でも、ウズベクは幸運だった。

 インドネシアは導入後にひどい目に遭う。受領したのは「視界不良品」。現代戦は、自機レーダーだけでなく、陸海軍レーダーの捕捉情報も送られ、より立体的かつ遠方の戦況を掌握する。ところが、当該システムに、米国が厳しい機能制限を課した。イスラム国家との理由、とか。

携帯電話とミサイル誘導電波の周波数を同じにできる国柄が…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ