サイトマップ RSS

【モーグル】18歳堀島行真、3位で初表彰台「次は優勝」

2015.12.14 05:20

デュアルモーグルで3位となった堀島行真(ほりしま・いくま)=2015年12月12日、フィンランド・ルカ(共同)

デュアルモーグルで3位となった堀島行真(ほりしま・いくま)=2015年12月12日、フィンランド・ルカ(共同)【拡大】

 フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)モーグル開幕戦は12日、フィンランドのルカで非五輪種目のデュアルモーグルが行われ、男子で18歳の堀島行真(ほりしま・いくま、岐阜第一高)が、初の表彰台となる3位に入った。

 女子はW杯初出場の15歳、冨高日向子(とみたか・ひなこ、白馬ク)が6位と健闘し、ミカエラ・マシューズ(米国)が初優勝。男子はミカエル・キングズベリー(カナダ)が通算29勝目を挙げた。

 53人中7位で予選を通過した18歳の堀島は、得意のエアとスピードを武器に決勝トーナメントを駆け上がった。W杯初の3位に「最高順位すぎて自分でもびっくり」と目を丸くした。

 2回戦で西を破って勢いに乗り、3位決定戦ではマーキス(カナダ)を退けた。1歳でスキーを始め、15歳でナショナルチームに招集された期待の新鋭だが、2013年から出場しているW杯ではこれまで13位が最高だった。エアは日本のエースの遠藤も認める実力を持ちながら、ターンの力強さを欠いて苦戦が続いた。だが、昨年後半から体幹を鍛え上げ、コブに負けない滑りを身につけてきた。

 ターン、エア、スピードのバランスが整い、初の表彰台に立った。一皮むけた堀島が本領発揮するのはこれからだろう。「昨シーズンが終わってから、ずっと優勝したいと思っている。次は優勝を勝ち取りたい」と目を輝かせた。(共同/SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ