サイトマップ RSS

主人公の生き方をいいなと思えた 映画「ディーン、君がいた瞬間(とき)」 アントン・コービン監督インタビュー (1/4ページ)

2015.12.18 10:00

ジェームス・ディーンよりもカメラマンのデニス・ストックに強い関心を示したアントン・コービン監督=2015年10月23日、東京都港区(高橋天地撮影)

ジェームス・ディーンよりもカメラマンのデニス・ストックに強い関心を示したアントン・コービン監督=2015年10月23日、東京都港区(高橋天地撮影)【拡大】

  • 【メディアトリガーplus(試聴無料)】映画「ディーン、君がいた瞬間(とき)」(アントン・コービン監督)。12月19日公開(スキップ提供)。Photo_Credit:Caitlin_Cronenberg,(C)See-Saw_Films

 U2、ザ・ローリング・ストーンズ、ビョーク…といった世界屈指の大物アーティストたちに愛され、自分自身も「世界で最も影響力があるカメラマン」と評されるビッグな人物だ。今回、大事なカメラをメガホンに持ちかえたオランダのアントン・コービン(60)は、20世紀最大のカリスマスター、ジェームズ・ディーン(1931~55年)と、死を迎える直前まで彼を追い続けた米LIFE誌の天才カメラマン、デニス・ストック(1928~2010年)の友情と2人の知られざる旅に秘められた一瞬の輝きにフォーカスを合わせた。

 タイトルは「ディーン、君がいた瞬間(とき)」。コービン監督はSANKEI EXPRESSの取材に対し、「映画化の話をいただき一番面白いと感じたのは、本作がカメラマンの物語だったことです。ストックにとっての最大の被写体はジェームズ・ディーンだったわけですが、トップスターたちの写真を撮ってきたという点でも、ストックの人生は私のバックグラウンドととても似ています」と監督を引き受ける決め手となった要素を語った。

役柄との共通点を意識

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ