サイトマップ RSS

【佐藤優の地球を斬る】無理筋の起訴 真の加害者は韓国検察 (1/4ページ)

2015.12.19 09:00

無罪の判決を受けての会見を終え、会場を後にする加藤達也前ソウル支局長(左)=2015年12月17日、韓国・首都ソウル(納冨康撮影)

無罪の判決を受けての会見を終え、会場を後にする加藤達也前ソウル支局長(左)=2015年12月17日、韓国・首都ソウル(納冨康撮影)【拡大】

  • 作家、元外務省主任分析官の佐藤優(まさる)さん=2014年3月20日、東京都新宿区(大里直也撮影)

 17日、韓国のソウル地方裁判所(李東根裁判長)は、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉をコラムで傷つけたとして在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長(49)に対して、無罪判決(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

 圧力で腰砕けという見通し

 そもそも加藤氏を起訴したこと自体が無理筋で、無罪判決は当然のことだ。判決後、加藤氏は、「ソウル外信記者クラブ」で記者会見した。この会見における加藤氏の態度が実に立派だった。

 <加藤前支局長は「当然の判決であって特別な感慨はない。韓国の検察は控訴することなく、本件を終結させることを希望する」と述べた。

 会見には韓国メディアの記者も参加した。「無罪判決を予想していたか」との韓国人記者の質問に加藤前支局長は「事前に予想できなかった」と答えた。

 また、「検察の取り調べの中で理解できなかったことは」という問いには、「この被疑者は絶対に許さないということで、すべての供述を集めるという強い意思を持って取り調べをしているという強い印象を持った」と振り返った。>(12月17日、産経ニュース)

韓国検察 予断と偏見に基づいて

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ