サイトマップ RSS

【iPhoneでアートする】(8) 冬の写真を極める (1/3ページ)

2015.12.20 10:00

電飾のツリーは、色の少ない冬を鮮やかに描きだす=2015年12月9日(野口隆史さん撮影)

電飾のツリーは、色の少ない冬を鮮やかに描きだす=2015年12月9日(野口隆史さん撮影)【拡大】

  • 冬の虹は、夏の虹よりも色鮮やかに写る=2013年2月2日(野口隆史さん撮影)
  • 何げないお地蔵さんも雪をかぶると昔話の世界のようになる=2013年1月6日(野口隆史さん撮影)
  • ちょっとしたレンズの汚れもご愛嬌(あいきょう)。フィルターをかけたような効果も表れる=2014年2月24日(野口隆史さん撮影)
  • さりげない足跡も、雪のおかげで物語性を発揮する=2015年12月4日(野口隆史さん撮影)
  • 【手順1】編集するモードがついています。画面上でお気に入りの写真を選ぶと、下に「編集」の文字を読み取ることができます(野口隆史さん撮影)
  • 【手順2】「編集」をクリックするとタイマーのようなアイコンが出てきます。さらにそれをクリックすると「ライト」というアイコンが出てきます(野口隆史さん撮影)
  • 【手順3】「ライト」というアイコンが出てきます。その機能を使って適性な露出に合わせることもできます(野口隆史さん撮影)

 札幌はいよいよ本格的な冬を迎えました。11月下旬には40センチ以上もの積雪がありました。11月にこれだけ積もるのは、62年ぶりのこととニュースで報じられています。

 北海道の冬は、まるでシャッターが閉じられるように秋が終わって始まります。

 それまでは「今年は冬の訪れが遅いね」と愚痴ともつかないことを挨拶代わりに交わしていたのですが、本格的に冬がやってくればくるで、やれ雪かきが大変だ、やれ寒いと不平不満を口にします。

 ありがたいことに部屋の中は温々(ぬくぬく)としています。灯油代が高騰した8年ほど前までは真冬でも半袖で生ビールやアイスクリームを楽しむほど、ストーブをガンガンたき、暖かくして過ごしてきましたが、さすがに昨今のご時世は地球温暖化防止にも貢献しなくてはという思いも重なり、多くの家庭では部屋の温度は20度くらいに設定しています。

 それでも東京や大阪の真冬の家の中よりは暖かいかもしれませんね(笑)。

 さて、雪に覆われると景色が一変します。大げさに表現すれば、色が無くなるのです。水墨画の世界のようにモノトーンの世界が広がります。

雪を雪らしく白く撮る2つの方法

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ