サイトマップ RSS

今まで経験した役は受けたくない 女優 エマニュエル・ドゥヴォスさんインタビュー (2/5ページ)

2015.12.26 15:00

今年のフランス映画祭で団長も務めたエマニュエル・ドゥヴォスさん=2015年6月27日、東京都千代田区(荻窪佳撮影)

今年のフランス映画祭で団長も務めたエマニュエル・ドゥヴォスさん=2015年6月27日、東京都千代田区(荻窪佳撮影)【拡大】

 《作家になることを目指していたヴィオレット(ドゥヴォス)は、フェミニズムの立場から作家活動を展開していたシモーヌ・ド・ボーヴォワール(1908~86年、サンドリーヌ・キベルラン)と出会い、その才能を認められ、処女作『窒息』を出版した。ちなみにボーヴォワールは哲学者、ジャンポール・サルトル(1905~80年)のパートナーとしても知られている人物だ。『窒息』は文学界に衝撃を与えた。絶賛する声もあったが、女性が性を描くことを忌避する風潮がまだまだ強く残っていた当時のフランス社会では作品は受け入れてもらえなかった。失意の中、ヴィオレットはパリを離れ、自身の集大成となる作品『私生児』の執筆に着手する》

 「母への批判」を体現

 ドゥヴォスは撮影に入る前に、ヴィオレットが残したほとんどの著作を読み込み、ラジオやテレビでインタビューを受ける彼女のアーカイブ映像も視聴して、役作りに努めた。役作りはスムーズにできたようにも思う。「そもそも彼女の著作は、基本的に自分のことしか語っていないわけですからね」。

望まぬ妊娠だったのになぜ生んだのか-

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ