サイトマップ RSS

“噴飯もの”OPEC願望予測にビックリ 科学技術や温暖化防止など考慮せず (1/4ページ)

2015.12.27 08:29

第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)が開幕した11月30日、首都パリ近郊の会場前で充電が施される電気自動車(EV)。普及のためのデモンストレーションとして行われたが、石油輸出国機構(OPEC)はガソリン車の天下が続くと願望を込めて予測している=2015年、フランス(ロイター)

第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)が開幕した11月30日、首都パリ近郊の会場前で充電が施される電気自動車(EV)。普及のためのデモンストレーションとして行われたが、石油輸出国機構(OPEC)はガソリン車の天下が続くと願望を込めて予測している=2015年、フランス(ロイター)【拡大】

 中東などの産油国でつくる石油輸出国機構(OPEC)が発表した2015年版の「世界石油見通し(WOO)」の中で示された将来の車種別販売台数の予測が、あまりにもOPECの希望的展望が反映されているとして、関係者から「噴飯ものの予測」とあきれられている。

 電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)の普及はほとんど進まず、25年後の40年の段階でもガソリン自動車(ハイブリッド車を含む)が世界中で94%のシェアを占めるというものだが、科学技術の進歩や各国政府の温暖化防止に向けた政策目標などがほとんど考慮されておらず、驚きの声すら上がっている。

 「原油価格は95ドル」

 今年のWOOは23日に発表され、OPECは現在1バレル30ドル台にまで下落している原油価格が20年に1バレル=70ドル、40年には95ドルになると予測した。そして、ほぼ400ページに及ぶWOOの中で、17ページを割いて世界の車種別販売台数の将来予測を行った。

予測の要旨は、(1)40年の時点でガソリン車は、ハイブリッド車の14%を含めて…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ