サイトマップ RSS

【実業団駅伝】トヨタ自動車2連覇 底力で逆転 (1/2ページ)

2016.1.3 05:10

2年連続3度目の優勝を果たし、胴上げされるトヨタ自動車の佐藤敏信監督=群馬県前橋市の群馬県庁前(共同)

2年連続3度目の優勝を果たし、胴上げされるトヨタ自動車の佐藤敏信監督=群馬県前橋市の群馬県庁前(共同)【拡大】

 全日本実業団対抗駅伝は1日、前橋市の群馬県庁前を発着点とする7区間、100キロに43チームが参加して行われ、トヨタ自動車が4時間52分15秒で2年連続3度目の優勝を果たした。21秒差でコニカミノルタが昨年に続いて2位となり、3位にはトヨタ自動車九州が入った。4区を終えて2位のトヨタ自動車は、5区で宮脇千博が2位に2秒差のトップに浮上。6区の田中秀幸が区間賞を奪って後続との差を広げ、逃げ切った。

 底力で序盤の劣勢をはね返した。トヨタ自動車は2区を終え、先頭と29秒差の9位から巻き返した。6区で勝利を大きくたぐり寄せる区間賞を奪った田中は「頭の中で勝つぞ、勝つぞと言い続けながら走った」と笑みを浮かべた。

 連覇への流れを加速させたのが5区の宮脇だ。17秒差の2位でたすきを受け、序盤で一時3位に後退。先頭に躍り出てからもコニカミノルタとの競り合いが続いた。だがトップは譲らず、田中で首位を固める下地をつくった。「最初は体が動かなかったけれど、粘った」と誇らしげに話した。2位に33秒差でスタートした最終7区のルーキー、山本は10秒前後まで差を詰められた場面もあり「焦ったけれど、攻めの走りをした」と逃げ切った。佐藤監督は「はらはらしたが、総合力の勝利」とたたえた。

「みんなメンバーに入りたいという思いを持っているし、優勝を狙うという意識が強い」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ