サイトマップ RSS

オリジナルの魅力 限りなく追求 色ムラ、濃淡…高度な作業で再現 原画’展示シリーズ「青年マンガの世界」 (1/5ページ)

2016.1.4 17:30

平田弘史(1937年~)が1965年に『士魂物語14』(東京日の丸文庫)に発表した「落城の譜」(提供写真)。(C)平田弘史

平田弘史(1937年~)が1965年に『士魂物語14』(東京日の丸文庫)に発表した「落城の譜」(提供写真)。(C)平田弘史【拡大】

  • ながやす巧(1949年~)が2007年から連載している「壬生義士伝」。浅田次郎の同名小説が原作(提供写真)。(C)ながやす巧・浅田次郎
  • 「龍-RON-」と「JIN-仁-」などの作品でも知られている村上もとか(1951年~)が1989年から90年にかけて『週刊少年サンデー』に連載した「ヘヴィ」(提供写真)。(C)村上もとか
  • マンガ家で原画’(ダッシュ)プロジェクトの中心となっている竹宮惠子(1950年~)が描いた「イズァローン伝説」(1982~1987年、提供写真)。(C)竹宮惠子
  • 展示会場の様子。中には名刀「大和守安定」を再現した日本刀作品も特別に展示されている=2015年12月14日、京都市中京区(提供写真)

 【アートクルーズ】

 近年、マンガは国内外問わずますます注目されており、関連する展覧会も増えてきている。中でもなかなか見る機会のないマンガの原画が出展されると、そのたびに話題になっている。しかし本来マンガ原稿は、一般的な絵画作品とは違って、展示を想定して作られたものではないため、短期間の展示でも、退色など、劣化のリスクが高い。

 「原画′(ダッシュ)」は、このように劣化の危険があるマンガ原稿の保存と公開を両立させるために開発された複製原画制作のプロジェクトである。「風と木の詩」「地球へ…」で知られるマンガ家で、京都精華大学学長の竹宮惠子氏をリーダーに、京都精華大学国際マンガ研究センター(IMRC)が2001年から共同で研究を行ってきた。これまでは少女マンガを主な対象としてきたが、今回はじめて青年マンガの「原画′」作品が制作され、その展覧会が2月9日まで京都国際マンガミュージアム(京都市中京区)で開催中である。

修正一切加えず

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ