サイトマップ RSS

奈良工芸の息吹 アップデート 「遊 中川」本店 (1/4ページ)

2016.1.7 14:00

猿と桃がモチーフデザインされた2016年アニュアリー。がま口(3000円)など=2015年12月22日、奈良県奈良市(彦野公太朗撮影)

猿と桃がモチーフデザインされた2016年アニュアリー。がま口(3000円)など=2015年12月22日、奈良県奈良市(彦野公太朗撮影)【拡大】

  • 発色が鮮やかな無地のオリジナルテキスタイル(1メートル5200円)=2015年12月22日、奈良県奈良市(彦野公太朗撮影)
  • 量り売りの麻素材のテキスタイルは手織り。鹿や鈴など柄物も(1メートル6500円)=2015年12月22日、奈良県奈良市(彦野公太朗撮影)
  • 長崎県波佐見焼の馬場商店、蕎麦猪口大事典。三本線(1300円)=2015年12月22日、奈良県奈良市(彦野公太朗撮影)
  • 母から娘へと受け継がれた文様「アイヌシリキ」をパイルジャガード製法を使用したオリジナルテキスタイルから作られたバッグ(小1万2000円から)=2015年12月22日、奈良県奈良市(彦野公太朗撮影)
  • 奈良らしく鹿がモチーフのロゴ=2015年12月22日、奈良県奈良市(彦野公太朗撮影)
  • アイヌ民族から発想を得たオリジナルテキスタイルから作られた洋服。手前のルウンペのワンピース(2万3000円)、スヌード(7500円)など=2015年12月22日、奈良県奈良市(彦野公太朗撮影)
  • 奈良ふきんなど生活雑貨やバッグなどの服飾雑貨が並ぶ店内=2015年12月22日、奈良県奈良市(彦野公太朗撮影)
  • 麻布と革が使用され鹿の刺繍が小さく施されたバッグ「鹿の家族」(1万2500円)=2015年12月22日、奈良県奈良市(彦野公太朗撮影)

 【大人の時間】

 日本の伝統工芸を現代の形に融合させて製造販売を手がける中川政七商店(奈良市)。1716年創業の奈良サラシの老舗だが、現在は3ブランドを立ち上げ約40店舗を全国展開する。中川政七商店が手がける「遊 中川」本店は、明治時代に建てられた築100年の中川家の家屋をそのまま生かし、昔ながらの趣を残す。

 「遊 中川」はオリジナルテキスタイルからバッグや小物、生活雑貨を製造販売するショップ。天井を見上げれば、麻布の検品をしたという竹がところどころに渡されている。ほかにも布の商いを行っていた当時の面影があちこちに残っている。

 優しい布の風合い

 商品が並ぶ棚やテーブルは、蔵に残っていた岡持ちや机といった家具類をそのまま活用。ふすまを開ければ畳敷きの広間があり、自慢の庭を見渡すこともでき、落ち着いた雰囲気のなか商品を選べる。

 「作り手の顔が見えるよう、生産地などは必ず明記します。ファブリックは正倉院の宝物や小紋など、古くから伝わる柄を現代の息吹として伝えるよう配置や色を社内デザイナーが工夫。テキスタイルに落とし込んでいます」と広報の長野宏美さん。

正倉院の宝物からモチーフ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ